建築確認が取れない

道路に接していないなど

不動産業界には「建築確認(確認申請)が取れない!」物件も流通しています。

そのような物件は「相場」よりも安く買えるのは当然です。
もし、さまざまなノウハウを駆使して、その土地で建物を新しくすることができたら、安価で購⼊できた不動産の価値が高まるという結果につながります。
また充分な知識を持たずに不動産取引をしてしまって、後にトラブルや損失を抱えてしまう事もありますからこれらのことについては充分に注意する必要があります。

01.接道の問題

建築基準法では法で定める「道路」と土地が2メートル以上接している必要があります。
共同住宅や長屋であればこの規定はさらに厳しくなります。
道路に接していない土地はどうしたら良いのでしょう…(建物が古くなって建替えの必要が出てきた…など)

02.その他の関係法令

建物の建築には「建築基準法」以外にも「都市計画法」「安全条例:都道府県」「指導要綱:市区町村」など、複数の関係法規が整備されています。
「自分の土地なんだから、何を建ててもいいのでは‥」とういわけには行きません。

  • 建物の規模:「高さ」「床面積(建蔽率)」「延床面積(容積率)」「用途」「構造」「仕様」など
  • 違反建築を指摘され「是正の勧告」や「取壊命令」などの行政処分を受けてしまうケース
  • 建築物に関し、近隣住民との間でトラブルが発生した場合

経験値から最適な⽅法を検討すれば思わぬ対応策が⾒えてくることもあります。
モリクニさんに⼀度相談してみてはいかがでしょうか。

モリクニさんへ聞いてみよう