土地活用

時代にマッチした有効活用の選択肢

「不動産売却」は保有している不動産の価値を⼀時で「お金」に変える方法です。

他方、保有している不動産を活用することで「長期的な収入」を得る手段が「土地の有効活用」 という位置付けになります。

  • 期待した通りの収益が得られず、不動産経営が頓挫してしまうケース
  • 安定した賃貸事業収⼊が得られ、経済的な成功につながるケース

これら二つの結果を分けるポイントはどこにあるのでしょう。
その答えはとてもシンプルです。

  • お金(賃料)を払うのは誰か(どこにどれくらいいるか⇒時代はどちらに流れてゆくか)
  • 「建築会社」「不動産会社」「銀行」「税理⼠」などの言う事を真に受けて大丈夫か
  • 借金をするのは「自分」であることを認識できているか(最後の1円までの返済義務者は…私)

つまり不動産事業の成否を分けるポイントは、
「マーケットの動向把握」と「借入リスクの認識」の二点が最も大切であると考える次第です。

その際、「サブリース(⼀括借上げ保証)」などに惑わされない心構えが大切

その上で「⽴地条件」「各種法令(建築基準法/都市計画法)」「経済性」などからより良い事業計画を⽴案するという順序で取り組むことが重要です。

「土地有効活用」のアイテム(選択肢)は多様化しています。

  • 駐車場経営(立体駐車場/コインパーキング)
  • シェアハウス
  • 貸倉庫(トランクルーム)やコンテナのレンタル
  • 商用スペースとして賃貸(コインランドリー・カラオケルーム・学習塾その他店舗スペース)

※奇抜なビジネスや経営ノウハウが必要なもの、特殊な不動産ビジネスにはリスクが伴います。

土地有効活用をする際は、モリクニさんに相談してみてください。
公正な立場と豊富な経験に基づいて親身になってアドバイスしてくれると思います。

モリクニさんへ聞いてみよう